統合失調症の人は「進化系人類」だった!?脳の進化の副作用だったことが判明!

統合失調症

統合失調症患者は「進化形人類」だった!? 脳の進化の副作用だったことが判明、脳内の遺伝子に566の変異(最新研究)

統合失調症 進化形人類

最新の研究により、統合失調症は人類が進化する上で必然の副作用だった可能性が高いことが判明。

博士らは、統合失調症を患っていた15人の患者の脳とそうでない15人の脳を解剖し、大脳前頭極と呼ばれる認知能力や計画や推論に関係する脳の領域と、その周囲にある帯状皮質や背外側前頭前皮質といった統合失調症に関係する部分を調査。

結果、統合失調症を患っていた患者には566の遺伝的変異があることが判明。

論文共著者のブライアン・ディーン教授は、全てが解明されたわけではないものの、「前頭葉に大規模な遺伝的変異がみられるため、今回の研究は、統合失調症・進化副作用説を支持するものだ」と語っている。

ということは、統合失調症患者は「進化形人類」だと言うこともできるかもしれない。今のところ統合失調症は副作用だと解釈されているが、自然選択の結果残ったものだとすれば、実は人類の生存にとって不可欠の要素なのかもしれない。

http://tocana.jp/2018/03/post_16230_entry.html

統合失調症患者は「進化形人類」

ないわ

おもしろい研究ですね。いい話ができそうです。

仮に器質的問題だとしたら、発症前の正常な状態の説明がつきにくいと思う。

「統合失調症」という名前も、どっかの精神科医が付けた、ただの「名前」でしょうし

前からこういうのは言われてなかったっけ

何これ、逆説的で面白いw

新人類の誕生か!!


結果はどうあれ、こういう謎が解明されてくのいいよね!