「夜明け前だけ生きている感じがする」という感想に共感する人が続出 この気持ち分かる?

夜明け前

夜明け前だけ生きている感じがする

夜明け前だけ生きてる気がする

東の空がうっすら明るくなって、
コンビニまでご飯を買いに行く。
その間に誰ともすれ違わず、
自動販売機の押しボタンの明かりが、
強くなったり、弱くなったり、ほのかに揺れている。
新聞配達のバイクが小刻みにブルルンと言うのが遠くに聞こえて、
自分以外の人間が、そこにいることがわかる。
本当はこれくらいが丁度いいと思うんです。
明るくなると、箱の中から人がどんどん溢れ出て、
足で歩いたり、顔で喋ったり、脳で考えたりするから、
たまらず私は、家に帰って、次の夜明けを祈ります。

https://anond.hatelabo.jp/20170728022108

とても分かる。マンションの窓に明かりがつく瞬間をみたりするとなぜか安心するから、決して人が嫌なわけではないのだと思う。

分かる。私は更にその1時間前ぐらいからが好きかなぁ……。ロードバイクで走ると寝ている世界と起き始めた世界の両方が見れる。

その時間帯だけポエムでも詠んでしまいそうになる、あの感覚は何なんだろう。不思議な高揚感。

わかる。未明に聞こえる新聞配達の音は確かに良い。自分もこのくらいの時間に出歩きたいけどなかなか勇気出ない。

夜が明けると生かされるからな。

新聞配達が始まる少し前の時間帯に、夜明け前の青みがかった光が差し込む部屋で、布団に包まりながら、ぼんやりと考えごとをする。あの時間は非常にここちよい。

提出されたポエムへの反応を見てると、個々の人生観がみえておもしろい。夏は早朝も真昼も夕暮れも好き。真夜中も朝焼けも好き。


わかる;;;;;
あのみんなが寝静まって自分しか存在してないような時間
新聞が配達される音を聞いて自分以外にもいるんだっていう時間
夜明けが来るのが遅い冬が好き

でも明日なんて来てほしくないなぁ